記事一覧

東京近郊の常滑屋ファンの方々へ

三越多摩センターで常滑焼きが買える!!
9月5日オープン 多摩センター三越1Fの「統」のなかで
 ~私たちが考える感じる、生活文化と感性のエッセンスを凝縮した、さまざまなファッション、インテリア、テーブルウエアー、陶器、漆器、、山野草、アクセサリー、グルメまで、カテゴリーにこだわることなく新鮮な暮らしのスタイルとシーンをご提案しながら、広く開かれたコミュニティースペースとして、皆様と素敵な交流の時をすごしていきたいと願っております~
                   <「統」オープンあいさつ文より)

この中の陶器のセクションを常滑屋が受けもちます。

・・・薪窯の陶器はアーティストのこだわり
常滑焼きの器は、常滑市でギャラリーを営む伊藤悦子氏がプロデュース。地元の陶芸家やアーティストの個性とこだわりが光る作品は必見です。・・・・・
<三美オープニングカタログより抜粋>

四日間だけのイタリアンレストラン3

おかげさまで大好評真夏の四日間、常滑屋は
オリーブオイルのさわやかな香と、
石窯(常滑焼!)パンとピザの香ばしさに包まれました。
お迎えしたのは若きプロたち。
力を合わせて、皆様にとっておきの
おもてなしをさせていただきました。
不備な点もあったかと思いますが、
常滑屋が全力でお送りした企画、
真夏の夢と消えないように、
次の企画も立てています。どうか今後ともよろしくお願いいたします。
また、何かとご協力いただきました皆様、最後になりましたが厚く御礼申し上げます。大変ありがとうございました。

$FILE1
$FILE2
$FILE3_full
$FILE4
$FILE5_full

chef:Inatsuki Goshi bread:Kanehisa Saya sweet:Taguti Ⅰkuko
sake:Sawada Kaoru coordinator:Achiwa Kumiko design:Fuzita Atuko

四日間だけのイタリアンレストラン2

8月14日から17日まで
ランチ  1600円
8月14日から17日まで
気まぐれおやつタイム 500円

8月15日19:00
mimmai歌のライブコンサート 3000円
8月16日 
ダルテスペシャルディナー 4000円・5500円

$FILE1_full
$FILE2
$FILE3
$FILE4
$FILE5

四日間だけのイタリアンレストラン 1

ダルテ開催前日
$FILE1_full

明日からの準備にもう二週間ほどかかりっきり、
そろそろ疲労の限界かも。
最後の詰とチェックに真剣そのものです。
$FILE2
$FILE3
$FILE4
最後にみんな一緒に記念撮影
おつかれさまです。 時計はとっくに当日になっています。

$FILE5_full

「常滑の急須のおもてなし」準備風景

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.gif

このページの書き込みの練習中です。
お付き合いください。

常滑屋12周年の集い開催しました

$FILE3_r *13年目を迎えました

常滑屋は本年6月6日に満12周年を迎え13年目には入ることができました。
これもひとえに皆様方のおかげと深く感謝いたしております。
 常滑の街も空港の影響が徐々に、かつ大規模に目に見えるようになってきました。常滑屋としては、変えてはいけない、古くからの常滑のよさを大切に、微力ではありますがまちの発展に寄与できればと考えています。

 いつもお世話になっている方々と7月7日に周年の集いを開きました。その時の風景ですが、いつもお世話になっている山文製陶の山本さんが開発した移動式ピザ焼き窯によるピザ、そしてマグロのカマも焼いてみました。おいしくやけて大変受けておりました。

$FILE1_l熱源は炭火。石焼窯と同じで窯が温まるまで時間がかかりますが、焼き上がりはとても本格的。おいしいピザが焼けました。br clear=“all”/

$FILE2_r マグロのカマもちゃんと入ります。というか製作者はこれもやってみたかったのかも。肉など焼くのも良いかも・・・。というわけで、おいしいもの好きな常滑屋のお客様(とスタッフ)は大いに盛り上がりました。br clear=“all”/

ページ移動