記事一覧

知多半島 うまいもん祭り開催

ファイル 41-1.jpg

常滑地区の祭が開催されました

常滑屋周辺で、4月13日14日の二日間にわたって常滑地区のお祭りが開催されました。常滑市の常滑地区?というと分かりにくいのですが、常滑市は大野や西浦等の町村が合併してできた南北に長いところで、その中心に位置しているのが「常滑地区」です。この地区は6字あって6台の山車があります。しっかりお祭り好きな人で構成されていて、二日間のお祭りのために半年(というほどでもありませんが少なくとも4か月間)仕事もせずにお祭りの準備に打ち込みます(ウソ)。考えてみれば、愛知県には蒲郡や、半田亀崎はじめ、立派な山車がたくさんあります。維持するだけでも大変なことなので、お祭り好きの人たちがいるところしか山車が残っていないといえるかもしれません。さらに言えば、山車を新規に購入するのは大変なお金がかかるので、それなりの資本の蓄積した地域で、しかもお祭り好きの地域しか山車がなかったともいえるかもしれません。ともあれ今年も暑すぎず、雨も降らずの絶好のお祭り日和の中で、大勢の人でにぎわいました。

ファイル 40-1.jpg

北折さんのカッティングボードの記事掲載

ただ今開催中の北折さんのカッティングボードについての記事が中日新聞に掲載されました。

「お茶の時を楽しむ」展は3月17日(日)まで開催中です。
また、この催しだけの限定スイーツも喫茶でお楽しみいただけます(ホームページの「常滑屋スケジュール」に写真掲載しました。750円です。)

ファイル 39-1.jpg

新春限定ランチひなちらし

今年も恒例の「ひなちらし」はじめました。
2月11日までの期間限定です。

ファイル 38-1.jpg

今年も早いもので2月になりました。日差しにも春の気配を感じます。
この「ひなちらし」、伊勢湾のめじろ(あなご)やエビのおぼろ、地元にこだわった期間限定のお寿司です。お吸い物と小鉢などがついて、さらにデザートのお抹茶と和菓子もついて1600円!
ぜひお召し上がりください。

常滑屋が朝日新聞に掲載されました

朝日新聞の日曜版プラスシーに常滑屋が掲載されました。

「知多半島はイタリアだ!」と言い切るところがすごいと思います。
かつて、南知多とナポリとくっつけようと観光業者さんや南知多町長が動いた時期がありました。そう、バブルはなやかりし頃のことです。あれから二十数年、すっかり時代が変わって、あのころの感性鋭い方々の着眼点が日本人に浸透してきたようにも思えます。「スローフード」なんて言葉はありませんでしたし、当時のイタリア料理は(一般的には)単なる はやりもの みたいなスタンスであったように思えます。料理を通じて民族の価値観の共通性を強く感じていましたので、大変うれしい記事でした。

ファイル 37-1.jpg

ファイル 37-2.jpg

ファイル 37-3.jpg

ファイル 37-4.jpg

大野鍛冶の復活にむけて

長司さんの展示会です
       9月25日から30日

 尾張大野(現常滑市大野町)は古くから伊勢湾の海運の重要な拠点としてにぎわいを見せておりましたが、12世紀には「大野鍛冶」の存在が文献にみられるように農具や、造船に関して鍛冶屋が起こっていました。戦国時代には武具鍛冶を多く生み出し、広く知られるようになりましたが、江戸時代に入って武具の需要が減少すると、再び農具や船の家事へとその技術が伝えられていきます。 近年農業の機械化によって衰退してしまいましたが、今回の展示の作者長司さんによってふたたび大野鍛冶の火が灯されようとしています。

ファイル 36-1.jpg

農具、建築金具の製作や、はさみ、包丁の研ぎ直しなど、手仕事に興味のある方はぜひご覧ください。合わせて井上敏さんの木工作品も展示中です。

こころは風の中に 陶ふたり展

毎年北海道から来られる稲垣さん。今年は陶芸を通して交流が始まった常滑の永柳さんとの二人展です。6月に切り絵の作品展を開催してくださった「きりえもん」さんも友情出演しています。

ファイル 35-1.jpg

盤を実際に使ってみて

25日、作り手や使い手の方々が一堂に集まりました。

ファイル 34-2.jpg
  

「盤に漬けもの」中日新聞の記事

8月17日の中日新聞に「盤に漬けもの」の記事が掲載されました。

ファイル 33-1.jpg

なお、この「盤に漬けもの」は「盤プロジェクト」の一環として日笠真理さん、神谷美保さんのご協力の下、常滑屋が企画したものです。
ファイル 33-2.jpg

岩田芳光 切り絵あーと展 新聞記事

岩田芳光さんの「切り絵あーと展」が中日新聞に掲載されました。

ファイル 32-1.jpg

岩田さんの作品の中に、常滑屋の格子とブドウのツタを描いたものもあります。今の季節にピッタリの切り絵展、ぜひご高覧ください。
当ホームページ「スケジュール」にも展示風景掲載
しています。ご覧ください

ファイル 32-2.jpg