UGG ブーツ 店舗 UGG メンズ ニューバランス レディース ニューバランス996 UGG ブーツ アウトレット ニューバランス574

記事一覧

暖気樽復活!!

暖気樽復活!!
ファイル 52-1.jpg
 樽職人石川さんがお亡くなりになってからほぼ二年、暖気樽のメンテナンスをしなければいけなくなりました。地元では残念ながらお一人も残っていませんが、酒の本場関西には職人さんが頑張っておられます。大暖気(おおだき)の修理と、この際小暖気(こだき)を新調することにしました。「暖気樽」は地方の流儀はもちろん、杜氏によっても特徴があって千差万別、せっかく作っても“いて”が違うといって使われないことがあるので、現物を持ってきてくれということで、堺市まで車で行きました。せっかくだったので「仁徳陵古墳」によって、約束の時間に遅刻してしまいました(この堺という街、チラッと走りながら見ただけですが、とても興味深い町です。また来たくなりました)。
 工場というか作業所につくと、たいへんしっかりとやっておられ、素材の木もたくさん持っておられます。関西の特徴なのか杉材が主で、中京圏のように椹(サワラ)は使わず、それに類する材が必要なときは高野槙!を使うそうです。所かわれば使う木も違うものです。
 現場では木の甑(コシキ)の完成間際で、最近は木の道具に目を向けてくれる酒屋が増えたとのこと。たいへんお忙しいなか、全国にわずかに残る桶屋さんのまとめ役や、技術の伝承にも熱心に取り組んでおられて、心強く感じました。
ファイル 52-2.jpg
 話しはかわりますが、地元名古屋市大高にある樽屋さんの孫の方が、このほど28歳で樽屋を継ぐことを決めて、今修行中です。実は樽は現在でもそれなりの需要があり、清酒だけでも、年間数万個を作っている樽屋さんが関西には何軒かあります。こういうところは分業体制がしっかりできていて底板やかがみ、側板、タガの加工、組み立てなど機械で作られます。この名古屋の樽屋さんは、すべて一貫生産で職人さんがひとつずつ丁寧に作っておられます。鏡開きに使われる樽はほとんど使い捨てのようですが、ここのは主として漬物用で、長年もつように作っているそうです。また詳しく書きたいと思いますが、いずれにしても、伝統の酒造りを支えてくださる方々が健在であることはとてもうれしいことです。その方々の気持ちにこたえるためにも頑張って酒を造っていかねばと感じました。

白老の純米吟醸を用いた梅酒づくり

こだわりの酒造
白老の純米吟醸を用いた梅酒づくり

【原材料】
梅の実
ファイル 22-1.jpg
 温暖な知多半島は梅の産地でもあります。この知多の梅を用いています。知多市の佐布里(そうり)の梅林は早春の花見で有名ですが、品質のよい「佐布里梅」という種類です。
 この佐布里の梅の起こりは、当地の鰐部亀蔵という人が、明治のはじめごろ、苦心の末に桃の木に接木して作り出しました。桃と梅の両方の形質を持ち、周辺の土質に適して、花粉も多くたくさんの実をつける品種です。比較的粗放栽培に耐えて、現金収入になる貴重な農業資源でもあり盛んになりました。淡い桃色の花が美しく、観光資源でもあります。




氷砂糖
ファイル 22-2.jpg
 氷砂糖は、原料に北海道の甜菜糖を用いたものを使用し、しかも大量生産のきかない、二週間室の中で自然結晶させた大粒のものを使用しています。










清酒は純米吟醸古酒
ファイル 22-3.jpg
 純米吟醸(原料米/山田錦・八反錦 精米歩合55% 日本酒度+5 A?度17度 酵母 協会10号)の古酒を用いました。純米吟醸のなめらかさと、白老らしいボディのある純米吟醸酒です。





【製 法】
ファイル 22-4.jpg
1:ワラ灰作り
  わらを燃やして大量の藁灰を作る。一度に燃やすと完全燃焼して白くなってしまうので少しずつていねいに燃やします。

2:浸漬
  ワラ灰を溶かした水に一晩漬け込みます。

3:洗浄
  灰や汚れをきれいに洗い流し、その後水分を乾燥させます。

4:ヘタ取り
  梅の花梗は雑味の原因になるので一つ一つ取り除きます。総出でやっても時間がかかる作業です。

5:袋詰め
  梅の実を直接タンクに投入すると浮き上がってそこにカビが生える危険性があるのでネットの中に30キログラムづつ入れてから仕込みます。



6:仕込み
  梅の実に氷砂糖をのせて純米吟醸酒を注いでいきます。





白老酒季 第27号


酒造りは11月になると、まず「初しぼり」、そして普通酒(かつての1級酒・2級酒といったスタンダードクラス)の仕込みにかかります。

 だんだん寒く、醸造条件がよくなるにつれてグレードが上がってきますが、1年で一番寒い1月、2月に吟醸などの仕込みが集中します。

 この寒のうちに搾られた、10号酵母系で醸した、ふくよかさフレッシュさを兼ね備えた高品質酒です。ややスッキリしましたが、味と香りのバランスの良い旨味のあるものに仕上がりました。

商品名:   純米吟醸生酒(限定品)              
発売日:   平成18年3月13日(月)             
容量・価格: 1.8リットル 参考小売価格 3,360円(税込) 
        720mリットル 参考小売価格 1,575円(税込)
品質:     アルコール分 17度               
        日本酒度+3 酸度1,5             
原料米:   兵庫特A地区山田錦・五百万石・若水     


 特別限定の、春の純米吟醸酒「瑶春」を4月に発売致します。「瑶」は美しい玉の意で、玉のように美しい春をという言葉です。もう、お馴染みになりました秋の「豊醸」の姉妹品として、弊社の最高級クラスのお酒をご提供させて頂きます。少し冷やしてお料理と共にお召し上がりになるのが一番ですが、燗でもお楽しみ頂けます。

 厳選した好適米を用いて蔵の中で2年間寝かせたどっしりとしたボディの、味と調和したお料理をひきたてるお酒です。

 なお、数量があまり多くありませんので品切れの節はご容赦下さい。

商品名:    純米吟醸「瑶春」(限定品)               
発売日:    平成18年4月3日(月)発売予定           
容量・価格:  1.8リットル 参考小売価格 3,465円(税込)    
         720mリットル 参考小売価格 1,890円(税込)   
         180mリットルカップ 参考小売価格 450円(税込)
品質:      アルコール分 15度                  
         日本酒度+3 酸度1,5                
原料米:    兵庫特A地区山田錦・八反錦              
精米歩合:  55%                            

女人禁制といわれた酒蔵でいま、女性たちが奮闘中!凄いお酒を造っています。

各地の酒蔵で働く女性達でつくる「蔵女性サミット」が、今年は東京で開かれます。同会は全国の酒蔵で働く女性達で構成され、杜氏をはじめ瓶詰や発送・販売管理・営業など仕事は様々。通常は年一回集まって酒造りの方向性や業界の在り方などを本音で話合ってきました。

 今回は2004年についで2回目となる一般の方もお招きした形のパーティを企画しました。

 弊社も澤田郁子が半田市の天埜酒造の天埜姉妹におさそいを受け、4年前から参加しています。

 各蔵元がブースを持ち、自慢のお酒と蔵女性選りすぐりのおつまみと仕込水を用意してお待ちします。お客様はお好きなお酒とホテル自慢の料理をゆっくりお召し上がり頂けます。昔からずっと陰で地方の酒蔵を支えてきた女性達のパワーを体感してください。日頃お目にかかれない関東在住のお客様是非ご参加くださいませ。

日時: 平成18年6月25日(日) 16時~19時
    16時~女性杜氏たちによるフリートーク
    17時~お食事&試飲会(着席スタイル300名限定)
場所: リーガロイヤルホテル東京
   (東京都新宿区戸塚町1-104-19 TEL(03)5285-1121)
参加費: 8,800円(お土産付き
参加予定蔵:  岩手:月の輪酒造店       秋田:舞鶴酒造(株)    
          山形:月山酒造(株)       山形:和田酒造(資)    
          栃木:第一酒造(株)       栃木:若駒酒造(株)    
          群馬:町田酒造店        群馬:山崎酒造       
          埼玉:天覧山酒造(株)     茨城:(株)月の井酒造店 
          新潟:(株)越後酒造場     長野:高沢酒造(株)    
          長野:(有)千野酒造場     長野:岡崎酒造(株)    
          長野:大雪渓(株)        石川:白藤酒造店      
          福井:古田酒造(株)       岐阜:(資)白木恒助商店 
          岐阜:渡邉酒造          愛知:澤田酒造(株)     
          愛知:天埜酒造(資)       三重:(名)森喜酒造場   
          京都:向井酒造(株)       兵庫:灘菊酒造(株)     
          愛媛:篠永酒造(株)       鳥取:(有)西本酒造場   
          山口:新谷酒造(株)       山口:(株)五橋 広島榎酒造
          
申込方法: 第8回蔵女性サミット事務局
       (第一酒造株式会社内 TEL0283-22-0001
       担当 企画室 島田info@sakekaika.co.jp)まで

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ